VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSphere ESXi ドライバーについて (ドライバーのインストール時の注意点)

今回はESXiに対し、ドライバーインストールを行う際の注意点を何点か紹介します。

  1. ドライバーの命名規則に関する注意点
  2. コマンドラインでのインストール時の注意点
  3. ドライバーインストール後は、新ドライバーの有効化と旧ドライバーの無効化を忘れずに!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1. ドライバーの命名規則に関する注意点

復習になりますが、ドライバーのインストール時には、ファームウェアとの互換性が重要です。以下のリンクは前回私が確認をしたリンクです。

Broadcom 57810-k DP 10Gb NDCの互換性一覧はこちら

今回のNICファームウェアは、”7.12.19”です。

f:id:instructor8010:20171019233844p:plain

上記に基づくと、次の2つのドライバーが互換性があることが明記されています。

f:id:instructor8010:20171019234033p:plain

今回は、bnx2xドライバー(上の方)を利用しようと思いますが、ドライバー名が次のようになっています。

bnx2x version 2.712.10.v55.4

実際にこのドライバーのダウンロードは次のページです。

VMware ESXi 5.5 Driver CD for QLogic Network/iSCSI/FCoE Driver Set

ご覧の通り、vSphere 5.5用となってはいますが、VMware 互換性リストに基づけば、ESXi 6.5 Update1でも利用可能となっていますので、こちらを利用してください。

※この、実際のホストのバージョンと異なるケースも有り得る、という点が注意点です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2. コマンドラインでのインストール時の注意点

実際にドライバーのインストールを行う場合、"esxcli software"コマンドを駆使して行います。

この際、次のようなコマンドを入力します。

esxcli software vib install -d "オフラインバンドル名"

更に注意点ですが、この際オフラインバンドル名の指定は”絶対パス”での指定が必要です。

これはインストール時に相対パスを使用してしまったために、ドライバーインストールに失敗をしたケースです。

f:id:instructor8010:20171019235610p:plain

 

これはインストール時に絶対パスを使用し、ドライバーインストールに成功したケースです。

f:id:instructor8010:20171019234911p:plain

※インストール時のメッセージが”VIB Skipped”にのみドライバー名が連なっているのは、既にインストール済みのドライバーを上書きしたためです。

※新規でインストールしたVIBがある場合は、”VIB Installed”の行に新しいドライバーが表示されます。

こちらが関連ナレッジです。

次のエラーで VIB のインストールに失敗する:Unknown command or namespace software vib install (2079517)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3. ドライバーインストール後は、新ドライバーの有効化と旧ドライバーの無効化を忘れずに! 

これまでの工程の後には、次のコマンド2つを利用し新ドライバーの有効化と旧ドライバーの無効化をしましょう。

コマンドラインは、次の通りです。

esxcli system module set --enabled=true --module=”新ドライバー名”

esxcli system module set --enabled=false --module=”旧ドライバー名”

f:id:instructor8010:20171020000803p:plain

なお、この変更はESXiの再起動後から有効となりますのでこの点はご注意ください。

再起動後、qfle3ドライバーに変わりました。

f:id:instructor8010:20171020001655p:plain

 

 

関連ナレッジがこちらです。

ESXi 5.5 以降でのネイティブ ドライバのトラブルシューティング (2101855)

ESXi 6.5 におけるネイティブ ドライバの有効化と無効化 (2149345)