VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

VMware NSX と ネットワークエンジニアの働き方

本日無事にVCP6.5-DCVの受け終わりまして、漸くVMware NSXに集中出来ます。

「VMware NSX」の画像検索結果

折角なのでNSXの事もブログに書こうと思いましてこの回に至るのですが、vSAN同様に素晴らしいブログも多く、ネタ探しも大変なわけです。

 

そこでまず”VMware NSXを導入すると、ネットワークエンジニアの働き方がどの様に変化するか”を私なりに考えて見たいと思います。

※これは私個人の意見ですので、人によってはまた違った解釈などもあるかもしれません。

 

お題:VMware NSXは、ネットワーク管理者の在り方をどのように変えるか?

 

まずお題に入る前に、私が特に強調したいのは、NSXはサーバー管理者とネットワーク管理者のためのソリューションだと考えています

 

vSANの場合はこれが違います。

vSAN=サーバー管理者がストレージ管理を行う

NSX=サーバー管理者とネットワーク管理者でインフラを管理を行う

 

vSANの場合、基本的に既存インフラからSANストレージを無くすことが出来ます。

しかしNSXの場合、スイッチやルーター、LANケーブルが無くなるか、と言われればそんなことは有りません。(vSANであれ、SANであれ、スイッチは必要ですよね)

VMware NSXのコンセプトをvSAN同様に考えてしまうと、ネットワーク管理者からすると”自分の今まで培ったスキルが活かせない”、VMware NSXを導入する事で自分の仕事が他の人に奪われるのでは”と考えてしまうかも知れません。

 

既存のネットワークインフラでは、レイヤー毎に製品が異なり、その為管理チームが違い、縦割りな管理形態とスキルセットにより運用がされており、これにより環境のデプロイ速度の鈍化、チーム連携が難しい、サポートが必要な時には複数のベンダーに問い合わせるなどの潜在的な問題があったと言えます。

 

こうした課題を解決してくれるのがVMware NSX だと言えるでしょう。

  • 単一製品でレイヤー2-7までを対応出来る
  • 単一製品なので、レイヤー間で操作性も大きな違いがない
  • シングルベンダーなので、問い合わせ先もシンプル化する
  • 仮想マシンが主役なので、物理スイッチのポート数やケーブルの種別やケーブリングなどによる管理負荷が減る

こうして見ると、ネットワーク管理者の業務がシングルレイヤーに対する管理から、マルチレイヤーに対する管理にシフトしていると言えます。

 

一言に、"ネットワークエンジニア”と言いましても、会社毎に業務範囲も違うでしょうから、その点はご容赦頂けると幸いです。

 

ここまでで私がお題に対して申し上げたい結論は次の通りです。

  • VMware NSXを導入したからと言って、社内ネットワークエンジニアの業務タスクがなくなる事はない(アンダーレイネットワークは無くならない)
  • VMware NSXの管理にはシングルレイヤーからマルチレイヤーネットワーク管理スキルが必要となる(ネットワークエンジニアのワークロードがシフトすると言える)
  • 殆どのネットワーク管理レイヤーが、VMware製品として統合されるため、製品の互換性などを考えたり、ベンダー毎の保証レベルやサービスレベル、または保守契約やインシデント管理をする必要がなくなる。(シングルベンダーなのでインシデント対応のシンプル化)

以上です。VMware NSXとの付き合い方というのは、これまでのネットワーク管理者の課題を新しいカタチで変えてくれるものだ、と言えるのではないでしょうか。