VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.cluster_info編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です)

vSAN.Cluster_Infoの出力情報についての紹介です。

まずコマンドを実行すると、次のようにクラスターに参加しているホストに対し情報取得が実行されました。

f:id:instructor8010:20170625233823p:plain

以上の出力から、3ノードのクラスター環境であることが想像出来ます。

続いて、こちらが出力の画像キャプチャです。

f:id:instructor8010:20170625234304p:plain

この出力からは次のことが分かります。

  • ホスト名
  • インストールされているvSphere ESXiのバージョン情報
  • vSANが有効であるか否か(yesなら有効、Noなら無効)
  • クラスター内での役割、クラスターのUUID、自分自身のノードUUID、他のメンバーのノードUUID
  • ノードの退避状態(Noが正常、Yesではクラスターに対しキャパシティを提供しない)
  • ディスクグループのモード(オートクレームモードまたはマニュアルモード)
  • ディスクグループの構成情報
  • フォールトドメインの構成情報
  • vSAN IO用のvmkernelポートの名称とIPアドレス

上記の内容で補足をするとすれば"ノードの退避状態"です。

これは正常時はNoと表示され、Yesの場合はvSANクラスターに対し容量を提供しません。

試しにメンテナンスモードを設定してみた際に、項目がYesに変化しました。

f:id:instructor8010:20170625234708p:plain

以上です。今回は単一ホストの情報のみを掲載していますが、実際にはクラスターに参加をしている全ノード分の情報が連なって表示されます。