VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

Ruby vSphere Consoleを試してみた(vsan.support_information編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です)

さて、前回のRVCから続き、第2弾です。

RVCはその性質上、込み入ったトラブルシュートを行うためのツールという要素が強いです。

そこで今回は、テクニカルサポートや管理者の方にとって重要なサポート情報収集コマンドを試しに実行してみました。

まず最初にSSHでvCenter Serverアプライアンスへ接続し、既にRVCは起動済みです。
かつ、cdコマンドによりデータセンターディレクトリまで移動済みであり、直下にはクラスターオブジェクトが”0”として存在する状況です。

ここで次のコマンドを実行しました"vsan.support_information 0"

f:id:instructor8010:20170625232532p:plain

すると、2分ほどの時間で、多くのコマンドが自動実行されました。

Puttyを見てみると、次のコマンドが実行されていることがわかりました。

以上です。

各コマンドについての詳細は個別ページでまとめていきたいと思います。

(記事自体が長くなることを避け、今後の更新をしやすくするためです)