VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

VMware NSX 6.3 障害シナリオ:NSX Managerでの障害ケース

VMware NSX Install, Configure, Manageのコース提供が既に複数回決定しており、準備を進めていく中で、見つけた内容の備忘録として、今回は記事を投稿します。

 

VMware NSXは、vSANやvSphereとは違い、複数の仮想アプライアンスとVIBファイルによって動作するネットワークの仮想化製品であることはよく知られていますね。

 

例えばトレーニングなどで、”◯◯の仮想アプライアンスが停止すると、既存インフラにはどのような影響が出ますか?”など聞かれるだろうと想定しています。

※vSphereのコースであれば、”vCenter Serverが停止するとどのような影響がありますか?”とよく聞かれることがあります。

 

そこでVMware ドキュメントを確認した所、次のページを確認出来たのでご紹介致します。本回以降、以下のナレッジをベースに私のコメントも込めながら記事を書き上げていこうと思います。

NSX のルーティング サブシステムの障害の状況と影響

 

ソースは、VMware NSX 6.3(2017/8月)時点のものですね。

f:id:instructor8010:20180216180412p:plain

 

NSX Managerは、全てのNSXの環境構成情報の保持とファイアウォール ポリシーの配布をしている仮想アプライアンスです。

f:id:instructor8010:20180216180539p:plain

NSX Managerの利用不可ケースは、いずれのケースにおいても制御層でのIO自体の停止は引き起こさないと記載がありますね。(元々レイヤーが異なるので想像しやすい結果だと言えます)

また、NSX Managerの接続性が失われる、あるいはそれ自身がダウンしている間は、既存の設定変更は一切出来ません。(これはvCenter Serverがダウンした際に、vCenter Serverに纏わる設定変更が出来ない状況と近いと言えますね)

 

一番下に掲載がある、NSX Manager仮想マシンの破壊シナリオですが、赤枠箇所の日本語がわかりづらいので英文と並列掲載します。

f:id:instructor8010:20180216181146p:plain

要は、NSX Managerが完全にロストされた際はリストアで戻す事を想定していますが、

取得バックアップが著しく古い場合は、取得時と障害発生時点ではコンフィグ情報にギャップが有る可能性があるため、その点は差分を手動で戻して下さい、という事での記載に読めます。

 

以上です。NSX Managerは他のアプライアンスと違い、コンフィグレーションを保持するという点が大変重要となりますので、定期的なバックアップの取得は大変重要ですね。是非こちらのナレッジも合わせてご確認下さい。

VMware NSX for vSphere 6.x コンポーネントのバックアップとリストア (2145635)