VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSANのパフォーマンス統計データはどのように保存されるか

今回も実際のトレーニングであった話です。

 

受講生Tさん:vSANのパフォーマンス統計データは保存先vSAN Datastore以外利用出来ますか?

 

良い着眼点ですね。ストレージ管理に於いて、パフォーマンスの監視は重要です。

まず基本的なパフォーマンス取得機能は以下をご覧頂ければ理解ができます。

 

vSphere Web Clientでは、これまでvSANのパフォーマンス情報(IOPS/スループット/遅延など)は閲覧が出来ませんでした。代わりとして、"vSAN Observer"という機能を利用する必要がありました。

vSAN 6.2からはvSphere Web Clientにてこの情報を閲覧が出来るようになりました。

blogs.vmware.com

 

この際、vSANのパフォーマンス情報は、vSANのデータストア上に保存されます。
つまり、この統計情報も”オブジェクト”であり、”ストレージポリシー”により保護されます。

 

ここで、こんな疑問が生まれます。

  • パフォーマンス情報を取得し続けると、データが肥大化するのか
  • パフォーマンス情報は、ローテートなど、古いデータのパージは行われるか
  • パフォーマンス情報は、保存先をvSANデータストア以外を利用出来るか
  • どれ位の期間のパフォーマンス情報を保存出来るのか

 

答えはここにありました。

kb.vmware.com

 

一部抜粋しました。(KBのUpdateは2017/01/30のものです)

f:id:instructor8010:20170707073956p:plain

  • データサイズの上限は255GBと既定されています。
  • パフォーマンス統計の取得は約3ヶ月と記載があります。
  • 古いデータはパージされます。

残念ながら、別のデータストアへの保存については言及がありませんが、vSANデータストアのみを前提としているようですね。