VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.disks_stats編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です)

vsan.disks_statsの出力情報についての紹介です。前回のコマンドでは、vsan.disks_infoでしたので、やや近い内容が出力されることが予想出来ます。

違いを意識しながら出力結果を参照していきたいと思います。

今回は、1つの出力に対し、複数のノードの結果が次のように表示されました。

f:id:instructor8010:20170626215259p:plain

 

結論から言えば、"vSANDatastoreに属するディスクの、利用状況確認”用のコマンドだと言えます。(赤はVMが保存されていないときの出力、緑は単一のVMがFTT=1で保護されています。)

前回のコマンドとの違いは、容量の利用状況がキャッチアップ出来る点ですね。

逆に言えば、今回のこのコマンドではvSANに関連するもの(つまりディスクグループに参加済みのもの)のみがその表示対象となっています。

 

ちなみに、左から4番目の項目に”Num Comp”とありますが、これは各ディスクが保存するオブジェクトのコンポーネントです。それぞれ2となっているのは次の構成のためです。

Test-VM

VM Home スペース(2*ミラー, 1*Witness)

Lvmdk スペース(2*ミラー, 1*Witness)

つまり、全部で6つのコンポーネントが存在しますので、それらが分散されて配置されているため、各キャパシティディスクの”Num Comp”が2ずつになっています。

f:id:instructor8010:20170626215812p:plain

 以上です。