VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSAN 6.6に於けるディスク要求モードについて

vSANについて、あることがきっかけで"ディスク要求モード"について実環境検証をしようとした所、あることに気が付きました。

 

あるはずの、"ディスク要求モード変更メニュー"が6.6の環境では存在しないのです。

 

これはvSAN 6.2環境でのvSAN設定のメニュー画面です。(HOL-1708-SDC-1-HOLより抜粋)

f:id:instructor8010:20171007120545p:plain

 

これはvSAN 6.6環境でのvSAN設定のメニュー画面です。

f:id:instructor8010:20171007115238p:plain

 

この理由を調査した所、vSAN 6.6からはこのモードをリタイアさせたことが次の記事に記載がありました。

blogs.vmware.com

 

本来のディスク要求モードの”自動(Automatic)”はvSAN構成時に、自動的に各ホストに搭載されたドライブを使い、ディスクグループを構成してくれるという機能でした。

ディスク グループおよびデバイスの管理

コンセプトとしては、ユーザーに変わってディスクグループをデザインすることで、ミス構成を減らす、作業タスク短縮などがあります。

しかしこの点はユーザーが意図しないディスクグループ構成になってしまうという点が課題であり、多くのユーザーは”手動”でディスクグループを構成することが多かったようです。

 

時代はオールフラッシュストレージは”特別な存在”から”身近で標準的な存在”となってきています。加えて、Software Defined Storageの搭乗により、x86サーバーのシャーシデザインも、いかに大量のストレージデバイスを搭載するか、というコンセプトを持ったものも搭乗してきており、ユーザーサイドではディスクサイジングと選択肢が多くある状況です。

 

Dell EMC PowerEdge R740xdはストレージ拡張性が高い、代表的なサーバーノードですが、いよいよ2Uシャーシで最大で32本の2.5インチドライブを搭載出来るようになりました。

www.dell.com

こうした時代の流れが、今回の機能変更に至ったものである、というのがVMwareからのアナウンスとなっています。