VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSphere Host ClientからのVIBインストール

vSphere 6.5より登場しました”VMware Host Client”ですが、ここからVIBのインストールがGUIベースで出来るようになっていました。

 

例えば、Dell EMCの場合は、”OpenManage Server Administrator”と呼ばれるx86サーバーの正常性確認アプリケーションがありますが、それを今回はインストールしてみたいと思います。

まず、次のサイトから”OpenManage Server Administrator”をダウンロードしてみます。

Dell OpenManageServer Administrator vSphere Installation Bundle (VIB) for ESXi 6.5, v8.5

入手後のZipファイルを解凍し、VIBファイルが存在することを確認します。

f:id:instructor8010:20171024111558p:plain

このVIBファイルを、予めESXiホストのもつデータストア上にアップロードします。

今回は、"datastore1"という名称のデータストアのトップディレクトリにこれをアップロードしました。

f:id:instructor8010:20171024111801p:plain

 

これで準備は整いました。

f:id:instructor8010:20171024111852p:plain

それでは、次の箇所からVIBをインストールしてみたいと思います。

f:id:instructor8010:20171024111230p:plain

メニューでは、インストールをしたいVIBファイル名を絶対パス指定で入力するよう求められますので、今回は次のように入力しました。

/vmfs/volumes/datastore1/cross_dell-openmanage-esxi_8.5.0.ESXi650-2372.vib

入力規則はつぎの通りです。

/vmfs/volumes/データストア名/パッケージ名.vib

 

もし社内でvSphere Update Manager(以下VUM)によるパッチ管理をしている場合は、ホストレベルでの操作による今回の操作により、VUM側で既定したベースライン以外のパッチが適用された、として警告が出るかもしれません、と通達してくれます。

 

今回はこのまま続行します。

f:id:instructor8010:20171024112132p:plain

 

インストールが成功すると、次のようにメッセージが出ます。但し、再起動をしてから変更が反映されることを告げています。

f:id:instructor8010:20171024112319p:plain

 

ホストのトップページ側にも、今回のVIBインストールによる変更を適用するための再起動要求が出ています。

 

再起動が最初からハイライトになっています。それではここで再起動をしてみましょう。

f:id:instructor8010:20171024113311p:plain

 

こちらの一覧から、無事にインストールが完了したことを確認が出来ました。

f:id:instructor8010:20171024114030p:plain

以上です。今回はDell EMC OpenManage Server Administratorにてデモ作業を行いましたが、勿論他のVIBについても同様だと言えます。

これまではesxcli software vib installコマンドを使って来た作業をGUIから数クリックで行えるという点は、ユーザーにとっては非常に良い変更だと言えます。