VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

VMware Cloud on AWSの使い方(その2)インターフェースの操作方法について

本項では、実際にHOLを操作してみて、インターフェースの操作方法を確認してみたいと思います。

f:id:instructor8010:20171009130311p:plain

このままNEXTを押下すると、パスワードを聞かれました。

f:id:instructor8010:20171009131614p:plain

ログインをしたことがないので、”Reset Password”からパスワード初期設定メール送信をさせます。

 

パスワードも無事設定し、ログイン完了です。ここから操作を行っていくようです。

コンソール内に”VMware Cloud on AWS”のアイコンが目立ちますね、こちらをクリックしてみましょう。

f:id:instructor8010:20171009132636p:plain

ちなみにパスワードに特殊文字"@など"を利用する場合、本コンソール内のキーボード配列はご利用の端末と違い、文字入力が正しく出来ないケースが有る場合は、HOLの機能である”テキストの送信”を使うとよいでしょう。

 

こちらがVMware Cloud on AWSのスタート画面のようです。”Software Defined Datacenterを作成しましょう!”のボタンが目立ちますね。それではいざ作成です。

f:id:instructor8010:20171009133013p:plain

 

まずはベースとなる”データセンターオブジェクト(リソースを束ねる単為)”の作成、クラスター構成の選択からです。

f:id:instructor8010:20171009133430p:plain

この段階では、データセンターに配置するホスト数をプルダウンで指定することで、

クラスターレベルでのリソースが決定されます。

またAWSではお馴染みのリージョンの指定もここで行います。

リージョンの概念はこちらのページを参考にされると良いと思います。

docs.aws.amazon.com

 

さて、次のステップでは”管理接続用ネットワークアドレスの指定”があります。

f:id:instructor8010:20171009134420p:plain

CIDR(サイダー)方式で、ネットワークを指定します。

クラスCなら192.168.1.0/24、クラスBなら192.168.0.0/16などの後ろのスラッシュでサブネットを指定することですね。

(私が駆け出しエンジニアだった時、CIDRはなんと読むかも分からなかったし、サブネットの指定も255.255.0.0のような指定しか知らなかった時代が懐かしいです)

そして、図に貼付しましたが、3つの大事なルールあります

  1. 一度ここで決定した管理ネットワークのセッティングはSDDC作成後は変更不可
  2. オンプレミス(プライベートクラウド)内の環境との相互接続を検討している場合、
    オンプレミス環境の管理接続のネットワークとは別のネットワークになるようにしましょう。(IPアドレスの重複回避のため)
  3. ここで決定したネットワークのCIDR値によって、SDDCで拡張出来るホスト数が決まります。将来的なホスト拡張も視野に入れている場合は、少し大きめのネットワークを検討しておきましょう。

さて、上記入力も終え、”Deploy SDDC”を押下後、わずか20秒程でデータセンターが完成しました。

f:id:instructor8010:20171009135636p:plain

では詳細を見ていきたいと思います。

基本的にはまずここにメニューがあり、クリックをすることで、詳細画面に入るようです。

f:id:instructor8010:20171009135845p:plain

Actionsからは、既存DCに対してのホスト追加、ホスト削除、データセンター自体の削除がありますね。

 

<Summary>

データセンター単にでのリソースの利用状況が分かります。

右上の”Actions”は上で紹介したものと同じメニューでした。

f:id:instructor8010:20171009140018p:plain

 

<Network>

オンプレミス=SDDC=インターネット間の接続トポロジーの確認が出来ます。

また、”Actions”からはFirewallやVPNの設定が可能です。

f:id:instructor8010:20171009140625p:plain

ページスクロールをすると、次の画面も現れます。

f:id:instructor8010:20171009140755p:plain

各構成は、クリックをすれば、すぐに設定画面にアクセス出来ます。

例えばこちらでは、管理接続帯域から、vCenter Serverに対してのファイアウォールルールを構成するための画面です。

f:id:instructor8010:20171009141241p:plain

ACL設定をしたことがあるひとであれば、アクセス元、アクセス先、許可or拒否、どのプロトコルなどの一般的な入力値であるので、設定に特殊な値もないので操作がし易いと言えます。

<Connection info>

AWS上のvCenter Serverに対する接続の情報が掲示されています。

PowerCLIの接続時のスクリプトもあるので親切ですね。CLIでも管理が出来ることが分かります。

f:id:instructor8010:20171009141537p:plain

<Connection info>

環境で問題が置きた場合に、伝えるべき内容が掲示されています。

f:id:instructor8010:20171009141758p:plain

ちなみに右上に"Open vCenter"との文字があったのでクリックをしてみた所、

管理接続を通じたvCenterへの接続のためには、Firewall、VPNのセッティングを先んじて行う必要があるようです。

f:id:instructor8010:20171009142538p:plain

 

今回は一旦ここまでとし、まずは次の点を理解出来ればひとまずOKとしたいと思います。

  • VMware Cloud Servicesインターフェースの起動とログイン
  • SDDC(Software Defined Data Center)の作成手順
  • データセンター作成後の管理インターフェースのWalkthroughによるインターフェース概要の理解

次回は、ネットワーキングの設定について紹介予定です。