VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

esxtopの使い方&見方 - ネットワークの通信状況は?(ネットワーク編)

少々更新が遅れましたが、今週初めの記事です。しばらくesxtopネタを続けようかと思っております。

今回はネットワークの通信状況について、esxtopにて確認をしてみようかと思います。

 

まずはじめに、主にネットワークのモニタリングをする目的は次の2つです。

  1. 負荷分散状況の把握
  2. パケットドロップの有無

これらを踏まえ、esxtopを見てみましょう。

esxtop起動後、ネットワークの"n"を押下すると次の画面が表示されます。

f:id:instructor8010:20170925213359p:plain

表示情報のデータは一切変更は加えておらず、上記のような配置となっています。

ネットワークの受信情報がオレンジ(左から、毎秒のパケット受信数/毎秒のパケット受信Mb数/パケットサイズ平均)

ネットワークの送信情報がグリーン(左から、毎秒のパケット転送数/毎秒のパケット転送Mb数/パケットサイズ平均)

ネットワークのパケットドロップカウントがレッド

 

非常にシンプルですね。

特にレッドのパケットドロップのカウントが0以上である場合は、通信問題が、パケットの破棄によって起きていると言えます。この図は正常ですね。

 

また、上記の情報からでもある程度の仮想スイッチのイメージ図がつかめます。

f:id:instructor8010:20170925222404p:plain

ちなみにチーミング構成により、各vmkernelポートも仮想マシンポートグループも、vmnic0とvmnic1をアップリンクとして持っていました。

上図では、負荷分散の配慮の元vmnic0とvmnic1が均等に使われていますが、試しにvmnicをコマンドで落としてみました。

f:id:instructor8010:20170925223023p:plain

想定通りですが、vmnic1をダウンさせたことで、全ての通信がvmnic1によりましたね。

また、vmnic1をサイドアップしてみます。

f:id:instructor8010:20170925223207p:plain

vmnic1ダウン前に、vmnic1を使っていた各vmkernelポートは、フェイルバックルールにより元のポートに戻りましたね。

f:id:instructor8010:20170925223433p:plain

 

以上です。ネットワークに関して言えば、CPUやメモリ程見る箇所が多くあるという印象は無いですね。負荷分散状況とパケットドロップをモニター出来ればまずは良いかなという感想です。