VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSphere Replication まとめ(2017/08/09時点)

vSphere Replicationに関する情報ソースまとめと簡単なFAQ集です。

本記事では、VMware社公式なソース、私の検証に基づく情報が掲載されます。

 

公式ソースの情報更新や製品のバージョンアップなどによる仕様、動作変更なども将来的にありえるため、タイムリーなキャッチアップが出来ていない場合も想定されます。

この点はご容赦の上、本記事をお読み頂けますと幸いです。

 

公式ドキュメント、ソース集

VMware vSphere Replicationのドキュメント

 

便利なリンク集

vSphere Replicationの基本的な動作や設定、レプリケーションの基本的な考え方を学べるリンク
RPOやRTOなど、レプリケーションの基本も学べます。

blogs.vmware.com

 

vSphereがネイティブに提供するデータ保護ソリューションには、2種類があります。

vSphere Data ProtectionとvSphere Replicationです。その違いを、わかりやすく説明頂いているページです。

内容が難しすぎずシンプルなのでとても読みやすいです。

blogs.vmware.com

 

FAQ

  • vSphere Replication自体はどのように導入するのか?
    アプライアンスVMware社より提供されているため、それを入手し既存のvSphere基盤上にデプロイをします。こちらがアプライアンスのダウンロードリンクです。

    my.vmware.com

  • 今までvSphere Replicationを利用していなかったが、興味がある。
    導入には追加コストはかかるか?
    お手持ちのライセンスが、vSphere Essential Plusであれば、導入に必要なライセンスを持っていることになります。Enterprise Plus、ではありません。Essential Plusです。

  • vSphere Replicationにはバージョンがあるが、既存環境に対し適切なバージョン、導入ができるバージョンがわからない

    VMware相互運用ガイドを確認すれば、一目瞭然です。
    VMware Product Interoperability Matrices

    以下のように、vSphere ReplicationとvCenter Serverという名称をプロダクト名の入力箇所に入れます。

    f:id:instructor8010:20170809083300p:plain

    そうすると次のような一覧が表示されます。
    例えばvCenter Server 6.0.0のお客様はvSphere Replicationの6.1または6.0がサポートバージョンとなるわけです。

    f:id:instructor8010:20170809083441p:plain

  • レプリケーションと言えば、ディザスタリカバリーサイトなどの、別サイトに対する印象があるが、同一サイト内でのレプリケーションも可能か?
    可能です。以下のドキュメントを参照ください。なお、レプリケーション元、先はいずれもクラスタであることが前提です。

    f:id:instructor8010:20170809082807p:plain

    https://docs.vmware.com/jp/vSphere-Replication/6.5/vsphere-replication-65-install.pdf


  • ストレージ側のレプリケーションとどう違うのか?また利点は?
    例えば次のような点が利点だと言えます。

    1. ベンダー依存無しでのレプリケーションが可能(A社、B社間ストレージでレプリケーションを実現)
    2. LUN単位ではなく、仮想マシン単位でのレプリケーションが出来るため、高粒度、容量効率が良いレプリケーションとなる
    3. vSphere Web Clientなどを始め、vSphereネイティブなインターフェースで操作が一元化される
    4. サポートが、VMwareサポート窓口となる。(OEMライセンスの場合はOEMベンダー内のVMwareサポートという意味合いも含みます)
    ストレージ側の機能でレプリケーションを利用する場合は、サポート窓口がストレージベンダーになります。

  • レプリケーションのスケジューリング時間設定は可能か?
    現状は、RPO(Recovery Point Object)をベースにスケジュールはセットされる。
    * RPO=データに問題が生じた場合に、どれくらい前のデータがあればよいかという意味です。

    例えば、RPOを1時間とした場合は、1時間前のデータがレプリカとして保存されるよう定期的にデータが同期される形となる
    レプリケーションの定期実行タイミングはvSphere Replicationによって内的に保持され、
    RPOに基づいた継続的なレプリケーションが実行されます

  • 時間帯に対するレプリケーション帯域幅調整機能はあるか?
    一般的なハードウェアストレージには、上位機能などで午前や午後、曜日などの指定で、レプリケーションに利用する帯域幅を調整する機能がありますが、vSphere Replication自体が、ネイティブにこの機能は保持していません。