VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSANクラスターの理想形、推奨とは?

本日はvSphere 6.5 ICMコースのDay4です。

昨日はvSANのレッスンで、少し話し過ぎて受講生の方と白熱してしまいました(笑)

 

さて、しばらくvSANネタは封印しようかなとも思いましたが、また質問が出ましたので備忘録として記載します

 

お題: vSANって、ノードの構成は揃えるべきなのか?VMwareからの視点ではどうなのか?

 

回答はこちら、vSAN 6.2 Design and Sizing Guideより抜粋

f:id:instructor8010:20170727084148j:image

近いまたは同一な構成にするようにと記載がされています

 

これはvSANに限ったことではありませんね。

クラスターのコンセプトは、障害が起きてもファールオーバーにより、サービスの継続性を保持することにあります

 

例えばこんな構成のクラスターがあるとします

f:id:instructor8010:20170727084843j:image

  • ノード数は2, 仮想マシンが各ノード上で一台ずつ起動している
  • 物理メモリは左側のホストは20GB, 右側のホストは10GB
  • 仮想マシンのメモリ構成はいずれも10GBです
  • スペースの兼ね合いで記載してませんが、共有ストレージに、2台の仮想マシンは保存されていて、両ホストからそれらはアクセス可能とします
  • スマホで通勤中に書いたので、絵のクオリティはご容赦ください(笑)

 

この場合、ノードダウン時のシナリオは次のように異なります

  1. 右のノードがダウンした際は、その結果その上で動いていたVMは、左側のノード上で起動が出来ると言えます。理由としては左のノードが持つ物理メモリの搭載量が20GBであり、2台の仮想マシンを受け入れるリソースがあります
  2. 左のノードがダウンした際は、その結果その上で動いていたVMは、右側のホスト上で起動が出来ません。理由としては右のノードが持つ物理メモリの搭載量が10GBであり、2台の仮想マシンを受け入れるリソースがありません。

 

以上です。なお、今回のvSANのソースは6.2ですので、先々のバージョンアップでこれらの考え方は変化するかもしれませんので、最新の情報も是非皆様合わせてご確認ください。

 

と言うことで、今日は通勤の間だけでスマホ一つで0から書いて見ました。

今日もトレーニング頑張ります😄 

 追記:2017/07/27 13:15

vSAN 6.5用のDesign and Sizing Guideでも同様の説明です。

ファイルそのものを確認したい方は、以下のURLより、"VMware® vSAN™ Design and Sizing Guide 6.5"をご確認ください。

Storage and Availability Technical Documents

f:id:instructor8010:20170727131552p:plain