VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSphere 6.5の新機能(vCenter Server Applianceのネイティブバックアップ機能)

さて今週から、vSphere 6.5 Install, Configure, Manageをはじめました。

今まで6.0の提供だけでしたので、色々と変更点も多く楽しくトレーニング初日を迎えました。

 

さて、本題です。今回は受講生からの質問ではなく想定問答対策です。

お題:vCenter Serverのバックアップが6.5では、ネイティブな機能で提供されるようになったが、これによって取得されるデータの範囲はどこまでか?

 

バックアップ、IT管理者の永遠の課題ですね。

特にバックアップアプリケーションはサードパーティーでの販売もあれば、ご本家からのネイティブな機能の提供などもある場合、どれを使えばいいか、など管理者の方の悩みは尽きません。

 

今回は、トレーニングコースには、"vCenter Server 6.5のネイティブバックアップ機能"の紹介が含まれるため、その性質について紹介をしたいと思います。

 

まずこの機能はアプライアンス版vCenter Server限定です。

つまり、Windows版のvCenter Serverには無い機能です。

 

次に、この機能で取得出来るバックアップですが、バックアップ対象は”vCenter Server”と"Platform Service Controller(以降PSC)"です。

vCenter Server 6.0以降は、vCenter Serverのアーキテクチャとして、PSCが登場しました。ライセンスの管理やVMwareディレクトリなどを保存、管理してくれるサービスの集合体です。

 

これらの2つのデプロイモデルは、2パターンです。

  • 単一のVMに、vCenter ServerとPSCを組み込むパターン
  • それぞれを別々のVMに分けてデプロイする(2つのVMが登場する)

もし、単一のVMに対し2つの機能をデプロイする場合、1回のバックアップでOKです。

もし2つのVMに対しこれらの機能をデプロイする場合、それぞれで1回ずつバックアップを取得する必要があります。

 

今回紹介するバックアップ機能は、次のURLからアクセスしたページ上で行います。

(赤=単体VMへのデプロイ時のURL、青=別々にデプロイした際のそれぞれのURL)

f:id:instructor8010:20170725072944p:plain

こちらの画面が、上記URLでアクセスをした際のログイン画面です。

f:id:instructor8010:20170725072432p:plain

ログイン時には、vCenter Server Appliance及びPSCのローカルユーザー認証情報を入力します。(Administrator@vsphere.localではありません)

 

ログインを終えると、次のような画面が表示されます。後は赤枠で囲ったバックアップボタンから、バックアップを行います。

f:id:instructor8010:20170725073319p:plain

この画面はvCenter Server ApplianceもPSCも共通です。どちらにログインをしているかを確認したい場合は、以下の箇所で判別が可能です。

f:id:instructor8010:20170725073605p:plain

左がvCenter Server Applianceであり、右がPSCであることが確認出来ます。

 

最後に本バックアップを行う上での考慮事項です。

以降マニュアル"vSphereのインストールとセットアップ ESXi 6.5"から抜粋です。

 

バックアップによって保護されるデータは次の通りです。

f:id:instructor8010:20170725073914p:plain

本手順以外にバックアップ取得が必要なものはあるか?

幾つかの項目は、個別にバックアップが必要となります。

例えば分散スイッチはそのうちの1つです。

f:id:instructor8010:20170725074342p:plain

vSANやVirtual Volumesでお馴染みのストレージポリシーもバックアップにはそれが含まれるが、バックアップのタイミングが、リストアオペレーション時からあまりにも離れていると、不整合が起きることを示しています。

f:id:instructor8010:20170725074532p:plain

 

以上のように、本機能はあくまでもvCenter ServerとPSCのための機能と言えますので、ユーザーの構成や環境によっては、この機能以外での追加バックアップも検討をする必要があります。

 

最後にこの機能のコンセプトですが、やはりVMwareネイティブという所がポイントです。サードパーティのバックアップアプリケーションなどもありますが、トラブル時に問い合わせ先が増えるのは管理者としては負担が増える一方です。

またサードパーティアプリケーションの場合は、別途ライセンス購買費用などがかかるケースもあります。

 

コストエフェクティブ、シンプル、このキーワードがぴったりな機能だと言えます。