VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

PowerEdge 14GとVMware (その1) 出荷時の構成、パスワードについて

皆様、数日ぶりです。

3連休の最終日ということもあり、前2日は横浜界隈をウロウロしておりました。

 

さて、世間は3連休と猛暑日と、そろそろ夏休みムードが迫っているわけですが、弊社の場合は、新世代のPowerEdgeサーバーが登場したわけです。

cloud.watch.impress.co.jp

 

ベゼルデザインが、旧EMCライクで私は個人的には好きです。もう少しブルーなテイストが入ってくれればなお良かったかなとも思いますが、ある意味旧デルらしさということでグレーなテイストが残ったのかなと。

 

さて、世代の変更に際し、見た目だけではなく、VMwareに関連する点も、少しUpdateがあったので、何点かピックアップをしてみたいと思います。

 

まずは1点目です。それがこちら。

DellEMC factory install changes for VMware ESXi

 

工場初期出荷時点でプリインストールされるvSphere ESXiのパスワードですが、13世代まではパスワード無しでの設定でしたが、第14世代からはデフォルトで、”サービスタグ”がパスワードとして設定されているようです。

 

サービスタグは、Dell製品をご愛顧頂いている方からすればおなじみのあれですね。

製品単位で付帯される一意の識別子であり、保守や初期出荷構成、オーダー情報を含むものですね。

 

他にも第14世代関連では、”Boot Optimized Storage Solution(通称BOSS)”と呼ばれる新しいデバイスも登場し、ハイパーバイザー関連の製品となっておりますので、また次号でこちらは取り扱いたいと思います。

 

皆様も3連休、体調を壊さず過ごしてください~!