VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSphere Update ManagerにDellのレポジトリを追加してみた

しばらくvSAN 6.2のトレーニング続きで、なかなかvSphere 6.5環境を触れず、久しぶりにvCenter Server 6.5をデプロイしてみました。

 

そういえば、vCenter Server 6.5からは、”vSphere Update Manager”がビルトインされたため、専用にWindows Serverをデプロイしなくてよくなったのを思い出しました。

 

これまで、大変便利な機能だと感じつつも、Windows Serverを用意しなくてはいけない点、またデータベースも規模によるがSQL Serverの準備など、なかなか準備までに時間に手間がかかりました。

 

今回は、せっかくですので、vCenter Server 6.5をデプロイしたので、簡単にGUIのウォークスルーと、Dellのレポジトリ追加を行ってみたいと思います。

Deploying Dell OpenManage Server Administrator on VMware ESXi Using Dell Online Depot and VMware Update Manager

※ちなみに元ネタはこちらです。私の同僚から教えていただきました。

 

まず、vSphere Web Clientにアクセスした直後の図です。

特にインストールしたわけでもないのに、Update Managerのアイコンが見えているのは個人的には感動です。ついにきたか!という感じです。

f:id:instructor8010:20170709162448p:plain

 

さて、メニュークリック後、パッチマネジメントのリポジトリ管理画面を表示しました。

f:id:instructor8010:20170709162729p:plain

リポジトリとは、ファイルを提供してくれる保管庫みたいな役割を意味します。

iPhoneならApp Store, AndroidならGoogle Playなんかもリポジトリと言えますね。

標準では、3つの、いずれもVMwareオフィシャルなリポジトリソースが登録されています。

 

ここに、Dellリポジトリである、以下のURLを登録してみます。

http://vmwaredepot.dell.com/index.xml

こんな感じで入力しました。

f:id:instructor8010:20170709163101p:plain

”OK”押下後、即座にリポジトリと接続が確立されました。(ちなみに、vCenter ServerはWAN接続ありな状態です)

f:id:instructor8010:20170709163227p:plain

 

それでは、どのような更新情報が入手できるか、”今すぐダウンロード”を行ってみたいと思います。

f:id:instructor8010:20170709163548p:plain

 

Dell OpenManageとiDRAC Service Moduleの2つが複数バージョン提供されています。

f:id:instructor8010:20170709163842p:plain

単一のパッチをクリックすれば、アップデートに対する詳細情報も閲覧が出来ます。

f:id:instructor8010:20170709164619p:plain

以上です。この後の流れは、次の通りです。

  1. ベースラインの作成
  2. ベースラインの適用(ホストや仮想マシンに対し)
  3. ベースラインの準拠状態のスキャン
  4. ベースラインと現在の状況に差がある場合は、不足分のパッチ適用
  5. 必要に応じ、自動的にホストがメンテナンスモード、再起動が発生する
  6. 複数ノードがある場合は、この繰り返し

今回適用まで行なおうかと思いましたが、1ノードかつそのノード上にvCenter Serverが動いている状態でしたので、今回はvSphere Update Managerでの更新は行わず、後ほど手作業で行おうと思います。