VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSAN環境でのノードの役割である”Master”、”Agent”、”Backup”とは?(随時更新予定)

今回は、vSANのノードの役割相互関係についての記事です。


私がvSANのトレーニングを以前に受講した際には、vSphere HAのようにマスターとスレーブの関係については特に語られていませんでした。

以前まではノードは常に対等の関係だと理解をしていたのですが、vSANのマルチキャストアドレス確認時に”Master”や”Agent”の気になる文字を発見し、今回の記事でまとめてみました。

数点の記事を参照して情報を集めてみましたが、以下の情報がオフィシャルで良いと思います。

Diagnostics and Troubleshooting Reference Manual – Virtual SAN

*特に96ページ当たりに掲載されています。

*vSANは更新が大変早いので、上記リンク以外で有用なもの、上記リンクが変更になっている場合があります。

情報ソースも貼り付けてみました。(VMware vSAN Network Designより抜粋)

f:id:instructor8010:20170530073853p:plain

 

まず、vSANのノード間では3種類の役割があります。

  • マスター(Agent Group MulticastとMaster Group Multicastに属す)
    マスターの役割は、vSAN上のメタデータの配布です。vSANクラスターの全ノード上のCMMDS(Clustering Monitoring, Membership, and Directory Services)からの更新を情報を受信し、それを全ノードに配布することがメインの役割です。
    同一vSANクラスター内の他のノード達と通信をしますが、以下のものがあります。
    1.マスターからAgent Group Multicast Address(デフォルトだと224.2.3.4UDP 23451)に対するハートビート通信が発行される
    2. マスターとバックアップ間でMaster Group Multicast Address(デフォルトだと224.1.2.3のUDP 12345)メタデータアップデートの通信を行っている。
    なお、vSAN 6.6からはこの通信はユニキャストに変更されています。
    2. ユニキャストによる他ノードとの通信(TCP 2233、マスターと他ノードで両方ともこのポートを利用(公式情報を確認中)
    また、マスターは自身の生存状態を全ノードに1秒おきにハートビート通信を送信しています。

  • バックアップ(Agent Group MulticastとMaster Group Multicastに属す)
    所謂、スレーブなどと呼ばれるような、マスターダウン時の引き継ぎ役です。
    マスターの紹介で登場したユニキャスト通信を利用し、マスターの状態確認を行っています。
    常にマスターと同等のメタデータ情報を持っており、マスターダウン時にデータのコピーやノードの再検出などを行わずして、シームレスに役割を引き継ぐことができるようになっています。
    また、バックアップノードもエージェントの1つであるため、メタ情報の更新をマスターに伝えます。

  • エージェント(Agent Group Multicastにのみ属す)
    ほか2つ以外のノードがエージェントとして動作します。
    エージェントは、Agent Group Multicast addressに対してメタデータの更新を通達する。
     

Master Group Multicast address(224.1.2.3 Port: 12345)

マスターとバックアップ間でのによる、CMMDSのメタデータ更新に利用されている。

Agent Group Multicast address(224.2.3.4 Port: 23451)

マスターが、他ノードに送信するハートビート送信をするために利用している。

エージェントが、メタデータ更新のために利用している。

f:id:instructor8010:20170530073637p:plain