読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

既存環境を用いてvSAN環境を構成する場合のコツ<まとめ>

VMware vSAN(Virtual SAN)

社内検証環境に、直ぐに触れるvSAN専用の構成を作ろうとプランしています。

開いているリソースにPowerEdge C6320がありました。

f:id:instructor8010:20170331080908p:plain

互換性もしっかりあります。

VMware Compatibility Guide - vsan

f:id:instructor8010:20170331081132p:plain

vSAN Readyノードとして提供があるので、これに合わせていく形でパーツを足していこうと思います。

本機のvSAN Readyノードの詳細はこちら

f:id:instructor8010:20170331081302p:plain

既存環境では色々足りません、メモリ、SSD、HDD、コントローラー、ESXiのインストールディスクにも指定がありますね。回転数も10000RPMと指定があるんですね

 

各項目ごとにポイントを見てみましょう。 

※本ブログでの提供情報は、基本的にブログ寄稿時点によるものです。

※複数の記事があり、更新が最新情報に対しタイムリーにキャッチアップが出来ないケースも想定されます。情報差異がある場合は公式情報を優先し構築などを勧めて頂けると幸いです。