VMwareな日々

VMware環境関連の管理者/導入/トラブルシュートなどに役立ちそうな情報を備忘録として掲載とその他を少々投稿していくブログ

vSAN(Virtual SAN)

VMware vSAN まとめ(2017/08/11更新)

<vSAN ドキュメント> VMware® Virtual SAN Diagnostics and Troubleshooting Reference Manual VMware® Ruby vSphere Console Command Reference for Virtual SAN VMware® vSAN™ Design and Sizing Guide VMware® vSAN™ Network Design vSAN Stretched Cluster & 2 Node Guide v</vsan>…

vSAN クラスターの破壊手順

今回は今週のトレーニングで要望があった内容から一つ記事を書いてみました。 vSANクラスターを構成する手順については記載は多くあるものの、それを完全に削除する手順については情報が少ないというご相談でした。 vSANの導入意欲が高いお客様も大変多く、…

5分でわかるvSAN 6.6.1

しばらくぶりの更新となりました、お待たせしました皆様、お待ち頂きありがとうございます 現在早めの夏休みを頂いており、その間も出来るだけ情報を配信していきたいと思います まずは、vSphere 6.5 update 1がリリースされましたが、それに伴いvSAN 6.6.1…

vSANクラスターの理想形、推奨とは?

本日はvSphere 6.5 ICMコースのDay4です。 昨日はvSANのレッスンで、少し話し過ぎて受講生の方と白熱してしまいました(笑) さて、しばらくvSANネタは封印しようかなとも思いましたが、また質問が出ましたので備忘録として記載します お題: vSANって、ノード…

vSANでの障害処理(vSphere HAとの連携とコンポーネント総数50%未満でのVMの動作状況について)

vSANトレーニング5週連続終えました。来週からはvSphere 6.5 Install Configure Manageです。 そして、VMware NSXとHorizonも要望が高まってきていますので、そのうち主要製品はコンプリートしそうです。 さて、前回のvSANトレーニングで、vSAN環境に於ける"…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.disk_object_info編)

さて、いよいよvsan.support_infoコマンドのサマライズ最終編です。 少々時間はかかりましたが、第1弾からお読み頂いた皆様、本当にありがとうございます。 ブログ開始は3月くらいからでしたが、中国出張などもありつつ、ブログの閲覧数も1000を超え、平日で…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.obj_status_report編)

いつも帰宅後にHOLを起動し、動作テストを行うのですが、夏場になり、夏バテでしょうか。昨日はすぐに休んでしまい、今朝の更新となりました。 ということでおまたせしました、1日ぶりの更新です。 さて、今回は"vsan.obj_status_report"というコマンドです…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.resync_dashboard編)

もう間もなく、このRVCのvsan.support_infoシリーズも終わりを迎えます。 回を重ねるごとに、新しい発見もあるので、なかなか楽しくブログを書くことが出来ました。 さて、今回のコマンドは"vsan.resync_dashboard"ですが、vSAN 5.5ユーザーの方はお世話にな…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.check_state編)

TGIF!!ということで、先週末金曜日ということで、横浜にて諸先輩方とワインとコース料理を堪能しました:) さて、本題です。 RVCのコマンドである”vsan.check_state”の内容ですが、これはvSAN環境に於けるVMとオブジェクトのステータス確認コマンドです。 こ…

vSANのパフォーマンス統計データはどのように保存されるか

今回も実際のトレーニングであった話です。 受講生Tさん:vSANのパフォーマンス統計データは保存先vSAN Datastore以外利用出来ますか? 良い着眼点ですね。ストレージ管理に於いて、パフォーマンスの監視は重要です。 まず基本的なパフォーマンス取得機能は…

ディスク要求モードの変更について

vSAN環境では、SSD/HDDをデータストアに含める際に、”ディスク要求モード”と呼ばれるモードに基づいてそれらが組み込まれます。 概要はこちらをご覧ください。 blogs.vmware.com さて、モードは2種類あり、”自動”と”手動”です。 自動の場合は、自動的にディ…

Ruby vSphere Consoleを試してみた(vsan.lldpnetmap編)

さて、だんだんこのシリーズも定着してきました。 今回はコマンド内にある用語に”LLDP”と入っていますので、内容が想像しやすいです。 ”Link Layer Discovery Protocol”ですね。つまり、ホストが隣接するスイッチの情報が拾えるというやつです。 Windows Vis…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.vm_object_info編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vsan.vm_object_infoの出力情報についての紹介です。 今回は3台のホストでの、同コマンドの出力差も見てみます。 esx-02a.corp.localでのコマンド実行結果 esx-03a.corp.localでの…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.check_limits編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vsan.check_limitsの出力情報についての紹介です。 今回は"limit"とあるので、何かの上限値が表示される、と予想が出来ます。 今回のコマンドは、クラスター単位での実行であり、ク…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.disks_stats編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vsan.disks_statsの出力情報についての紹介です。前回のコマンドでは、vsan.disks_infoでしたので、やや近い内容が出力されることが予想出来ます。 違いを意識しながら出力結果を参…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.disks_info編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vsan.disks_infoの出力情報についての紹介です。 今回は3台とも同じ出力でしたので、そのうちの1台の出力のみをキャプチャしました。 esx-03a.corp.localでのコマンド実行結果 コマ…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.host_info編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vSAN.vsan.host_infoの出力情報についての紹介です。 このコマンドを実行してみた図がこちらです。 今回はesx-03a.corp.localというホストの情報を取得しています。 お気づきでしょ…

Ruby vSphere Consoleの使い方(vsan.cluster_info編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) vSAN.Cluster_Infoの出力情報についての紹介です。 まずコマンドを実行すると、次のようにクラスターに参加しているホストに対し情報取得が実行されました。 以上の出力から、3ノー…

Ruby vSphere Consoleを試してみた(vsan.support_information編)

(本検証実行時のvCenter Serverのバージョンは6.5.0、ビルドは4602587です) さて、前回のRVCから続き、第2弾です。 RVCはその性質上、込み入ったトラブルシュートを行うためのツールという要素が強いです。 そこで今回は、テクニカルサポートや管理者の方に…

Ruby vSphere Consoleを試してみた(起動/ログイン/基本操作編)

今回はRVCというツールについて紹介をする記事を書いてみました。 RVCとは"Ruby vSphere Console"の略称であり、vSAN環境のサポートやトラブルシュートに使うハイレベルなサポートツールです。このツールはCLIであり、vSphere Web ClientなどのGUIでは出来な…

vSAN環境に於いて、ドライブ交換時はメンテナンスモードを利用する必要があるか?

さて、土日を迎えたわけですが、来週はブレードサーバーと相も変わらずvSphere vSAN 6.2 Deploy & Manageのトレーニング提供です。 やるたびやるたび話したい内容が増えていきます。 さて、前回のトレーニング中に受けた質問にこんなものがありました。 ■ト…

vSphereインターフェース上からのディスクの物理ロケーションIDを考える(2) RAID 0モード編

さて、前回の続きです。 instructor8010.hatenablog.jp 前回の記事を投稿まもなくお読みいただいた方は、画像のキャプチャを少し見やすいものにしましたので、再度記事を確認いただけると幸いです。 さて、今回はコントローラーがディスクを取り扱うモードを…

巨大なVMDKをvSAN環境上でデプロイする場合

以前にVirtual SAN 6.2 Deploy and Manageクラスを提供した時に、受講生からこんな質問を受けました。 mylearn.vmware.com ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 受講…

vSphereインターフェース上からのディスクの物理ロケーションIDを考える(1) パススルーモード編

本日もvSAN 6.2 Deploy & Manageのトレーニング提供でした。 そういえばvSAN 6.6 Deploy & Manageが新たにリリースされましたね。 mylearn.vmware.com 実はVCI(VMware認定トレーナー)はいち早く教科書がもらえますので早速もらっちゃいました。早く6.6を展開…

vSAN障害シナリオ:キャパシティディスク編(その1)

現在vSAN 6.2のコース提供を絶賛行っております。 基本的な障害に関する情報はコース内で紹介するものの、具体的な交換手順やその際の諸注意は資料以上の内容が知りたいという声も多いです。 基本的にStorage HUBの情報をベースに、HOL上での動作検証も踏ま…

vSANのストレージポリシー:Flash Read Cache Reservationを考える

以前にvSAN 6.2のトレーニング受講をした際に、Flash Read Cache Policyについて取扱を考えるようにと学んだが、具体的に操作をしてその重要性を体感することがなかったので、VMware HOLにて次の検証を試してみました。 お題:ハイブリッド構成のvSANクラス…

vSAN環境でのノードの役割である”Master”、”Agent”、”Backup”とは?(随時更新予定)

今回は、vSANのノードの役割相互関係についての記事です。 私がvSANのトレーニングを以前に受講した際には、vSphere HAのようにマスターとスレーブの関係については特に語られていませんでした。 以前まではノードは常に対等の関係だと理解をしていたのです…

既存環境を用いてvSAN環境を構成する場合のコツ<まとめ>

社内検証環境に、直ぐに触れるvSAN専用の構成を作ろうとプランしています。 開いているリソースにPowerEdge C6320がありました。 互換性もしっかりあります。 VMware Compatibility Guide - vsan vSAN Readyノードとして提供があるので、これに合わせていく…

Virtual SAN? vSAN?

最近あることが気になりました。 旧称Virtual SAN・・・?そしてよく見ると今までVSANと表記されていたのが、”vSAN”(先頭が小文字)になっている。 www.vmware.com よくよく考えると、他の製品の命名規則を考えるとこんな感じなんで、多分統一したかったんで…

1分で実操作環境を準備出来る!VMware ハンズオンラボ(HOL)

ITの技術スキルを上げるためには、次のような方法があります。 トレーニングを受講する ドキュメントを読む 動画を視る 実操作を行い、体験する どれも一長一短ありますが、私個人としてはやはり体験に勝るものは無しと思います。 しかし実機操作には下準備…

vSAN 資料リンク集(随時更新)

導入 ドキュメント Release NoteVMware Virtual SAN 6.5 リリース ノートVMware Virtual SAN 6.2 リリース ノートVMware Virtual SAN 6.1 リリース ノートVMware Virtual SAN 6.0 リリース ノート vSAN TCO Caliculator (vSAN環境構築時のハード構成を算出出…